社会福祉法人 高槻市社会福祉事業団

社会福祉法人 高槻市社会福祉事業団

文字サイズ

HOME >よくあるご質問

私たちのサービス
よくあるご質問
総務課 ケアマネジメントサービス ホームヘルプサービス
訪問看護サービス 同行援護サービス ガイドヘルプサービス
デイサービスセンター 養護老人ホーム「阿武山荘」 高槻市立療育園
高槻中央地域包括支援センター

総務課

ケアマネジメントサービス(居宅介護支援)

介護支援専門員とも呼ばれています。保健・医療・福祉の各分野で5年以上の実務経験を持っている人で、筆記試験、実務研修を合格、修了した有資格者をいいます。介護を必要とする方にあった介護サービスの利用計画(ケアプラン)を作成したり、ご利用者とご家族の希望を聞きながら、介護事業者(サービス提供者)への連絡や市町村への手続きなど、適切なサービスを受けられるように支援します、介護保険やそれ以外の介護サービスについても、ご相談に応じます。

介護サービスの選択は本人の権利ですので、本人の意思で決めることができます。ケアマネジャーやご家族と相談してケアプラン(介護サービス計画)を作成し、適切なサービスを選択しましょう。ケアプランはケアマネジャーに依頼することも、本人が作成することもできます。

選べます。居宅介護支援事業所にケアプラン(介護サービス計画)の作成を頼む場合であっても、必ずご本人やご家族の希望を聞いて、ご本人の心身の状態にあった計画を作成します。

ホームヘルプサービス(訪問介護 居宅介護 重度訪問介護)

訪問介護員(ホームヘルパー)が利用者の自宅を訪問して、 ○食事や排泄、入浴などの介助を行う身体介護、 ○掃除や洗濯、食事の準備や調理などを行う家事援護などのサービスです。

介護保険で家事援助を利用できるのは、次のような場合です。 ①利用者が1人暮らしの場合 ②利用者の同居家族が障がい(身体・知的・精神)を有し、家事をすることができない場合 ③利用者の家族が障がいや疾病でなくても同様のやむをえない事情により家事をすることができない場合(障がい者手帳の有無だけで判断するのではなく障がいを理由に家事が可能かどうかを判断する) ※身体介護は、世帯や家族の状況にかかわらず、利用することができます。

①「直接本人の援助」に該当しない行為 ○利用者以外のものに関わる洗濯・調理・買物・布団干し ○利用者が主として使用する居室等以外の掃除 ○来客の接待(お茶・食事の手配等) ○自家用車の洗濯・掃除等 ②「日常生活の援助」に該当しない行為 ○草むしり・花木の水やり・犬の散歩やペットの世話 ③日常的に行われる家事の範囲を超える行為 ○家具・電気器具等の移動・修繕・模様替え ○大掃除・窓のガラス磨き・床のワックスがけ ○室内外家屋の修理・ペンキ塗り ○植木の剪定等の園芸 ○正月・節句等のために特別な手間をかけて行う調理等

訪問看護サービス

ホームヘルパーは生活面での自立支援を行いますが、医療行為を行うことはできません。訪問看護ステーションでは、専門の看護師が医師の指示のもと症状の観察や処置、診療の補助業務、カテーテル等の管理などの医療行為を行い、在宅療養を充実させることが可能です。

医療保険では、通常病院にかかるのと同様のご負担で、介護保険では他の居宅サービスと同様に費用の1割のご負担でご利用になれます。

(A1):看護師などがお住まいを訪問し、療養生活を送っている方の看護を行うサービスです。本人や家族の意思、ライフスタイルを尊重して、予防的支援から看取りまで支えます。
①入浴介助、洗髪、清拭など身体を清潔にする。   ②食事、排泄などの介助指導。床ずれ処置・予防(療養環境整備/リハビリなど)   ③服薬に関する助言   ④環境調整(必要な介護用品の工夫や紹介)   ⑤がん末期や終末期を自宅で過ごせるような支援

(A2):医師の指示による医療処置
膀胱留置カテーテル・傷の処置・点滴や注射(インスリンを含む)・経管栄養(栄養チューブ管理)・在宅酸素療法・人口呼吸器・気管カニューレ・胃瘻・たんの吸引・人口肛門管理・導尿・排便コントロールなどの処置を支援します。

(A3):ご家族等への介護支援・相談
ケアマネジャーと連携して、サービスの紹介や手続き方法などの情報提供、実際お困りの内容について話の傾聴、相談。

かかりつけ医の訪問看護指示書が必要になります。ご利用方法は、かかりつけ医師または当訪問看護ステーションにご相談下さい。

高槻市内にお住まいの方で、居宅等において療養を必要とする状態にあり、訪問看護が必要であると主治医が判断した人です。 (詳しくは、お問い合わせ下さい)

ハイ。もちろん。当ステーションには、理学療法士も勤務しています。看護師が行う場合もありますが、理学療法士が訪問し、ご希望とお身体の状態に応じて一緒に目標を設定し、計画を立てて進めていきます。    病院のリハビリと違い現在の生活範囲や楽しみが広がることに趣きを置いた内容と症状など確認の為、主治医のリハビリ指示により訪問させて頂いております。

寝たきりによって体が固まったり筋力が低下している方の関節可動域訓練(ストレッチや関節を動かす運動)、筋力強化訓練(筋肉トレーニング)また、ベッド周囲で生活している方、身体に麻痺がある方の歩行訓練といった一般的に言われるリハビリから生活の場面に応じたリハビリを行います。

1回20分単位の訪問で1週間につき6回と設定されています。

※訪問看護と同様、かかりつけ医の訪問看護指示書が必要になります。かかりつけ医の指示書がない場合や、かかりつけ医がいない場合は一度当ステーションにご相談下さい。

移動支援サービス

障がいをお持ちの方が安心して外出が出来るように、ガイドヘルパーを派遣して外出をお手伝いさせていただくサービスです。一人でのお出かけに不安のある方、お気軽にお問合せ下さい。

高槻市にお住まいで付き添いをする方がいないため、外出が困難な方。車いす利用者 両上肢障がい者 知的障がい者 精神障がい者 視覚障がい者(重度視覚障がい者は同行援護サービスをご利用下さい)が対象になります。高槻市より発行された「地域生活支援事業受給者証」が必要です。

例えば・お散歩、観光、映画館、美術館等の付き添いをします。・サークル、教室、学校の送り迎えをします。・外出の際、排泄、食事等のお手伝いをします。※宗教政治活動、営利活動(通勤を含む)、定期的な通院以外なら基本的にご利用いただけます。先ずはご相談下さい。

同行援護サービス

重度視覚障がいの方が安心して外出が出来るように、ガイドヘルパーを派遣して外出をお手伝いさせていただくサービスです。一人でのお出かけに不安のある方、お気軽にお問合せ下さい。

重度視覚障がいをお持ちの方。高槻市にお住まいで、付き添いをする方がいないため、外出が困難な方。高槻市より発行された「障がい者福祉サービス受給者証」が必要です。

例えば・お散歩、外食、音楽鑑賞等の付き添いをします。 ・サークル、教室、学校の送り迎えをします。 ・外出先においての代筆や代読をします。 ・外出の際、排泄、食事等のお手伝いをします。 ※宗教政治活動、営利活動(通勤を含む)、定期的な通院以外なら基本的にご利用いただけます。先ずはご相談下さい。

デイサービスセンター

体験は随時受け入れております。無料体験ですのでお金はかかりません。

特殊な機械(リフト)で広い浴槽に入っていただけますのでご安心ください。また、できるだけスタッフの介助でゆっくり入浴できるよう努めております。

利用できます。利用料は1割負担となり、公費の部分が滋賀県の負担となります。

介護サービスを利用するためには、市に申請して「介護や支援が必要である」と認定されることが必要です。サービスを利用する手続きは「高槻市介護保険課」でご相談下さい。

個々のケースによって異なりますので、各デイサービスセンターへお問合せください。

養護老人ホーム「阿武山荘」

入所はおおむね65歳以上で経済的理由および環境上の理由が入所要件です。また、その入所は「高槻市長寿生きがい課」に申し込み、担当者による面接のあと入所判定委員会で入所の可否を行います。長寿生きがい課の電話番号は072-674-7166です。

高槻市立療育園

通園事業(月火木金の週4日通園)に関しては、基本的に医療費と福祉利用料と給食費の3つがかかります。療育事業(水曜日通園)に関しては、医療費と福祉利用料の2つがかかります。外来事業に関しては医療費のみかかります。金額については所得や医療証(障がい児医療証または乳幼児医療証)の有無によって変わります。

通園事業(月火木金の週4日通園)については通園バスによる送迎を無料で行っていますが、お住まいの地域によっては電車・バスなどを利用していただく場合もあります。この際の交通費は療育園が負担いたします。療育事業(水曜日通園)については送迎がありません。

高槻中央地域包括支援センター

高齢者のための総合相談窓口ですので、介護に関する相談や悩み以外に健康や生活に関することなど、お気軽にご相談ください。

地域包括支援センターによる相談は、料金はかかりません。 お問い合わせ、ご相談、介護保険認定や高齢福祉サービスにかかる申請代行、各種サービスの連絡調整、専門機関へのご紹介など、いずれも無料ですのでお気軽にご相談ください。

原則は、本人・家族の了解(同意)が必要ですが、虐待などが疑われる場合は、通報(努力)義務がありますので、個人情報保護法違反にはなりません。

お電話でのお問い合わせお問い合わせフォーム

―
このページのトップへ